不動産担保ローンに申し込みした理由とは

利息を相当に節約できる

不動産担保ローン不動産担保ローン | 東京スター銀行

不動産担保ローンの申し込みをする前に返済シミュレーションをしたところ、200万円なら問題なく返済できることがわかったのです。
実質年率は7.5%と低く抑えられていたので、200万円などの高額を調達するために適していますね。
実質年率が高くなりすぎると、返済に長期を要することがわかっていました。
かつて利用していたカードローンの金利は14.8%であり、返済しても元金が減らなくて困っていました。
その反省からローンを利用するときは、少しでも低金利で借りる必要性があると考えたわけです。
金利が低いほど安心して利用できますし、返済期間を短くできるメリットがあります。
不動産担保ローンの返済シミュレーションは、公式ホームページで行えました。
毎月の返済額を大きくしすぎると、途中で無理が生じることはわかっていました。
無理をしない範囲で借入するためにも、シミュレーションは必須ですね。
確かに毎月の返済額を増やせば短期返済ができるので、利息を減らせるというメリットはあります。
しかし過去に無理のある返済額を設定してしまい、何度か返済を延滞してしまう状況になったわけです。
延滞するとすぐに金融機関から連絡がきてしまい、これはダメだと本気で反省しました。
何度も延滞をしていると信用情報機関に履歴が残されてしまい、ローンの利用を止められる可能性があると聞きました。
不動産担保ローンを利用して思ったことは、利息を相当に節約できることです。
カードローンとは比較にならないほど利息が低くて、感覚的には3分の1くらいになった気分でした。

低金利のローンを利用したい利息を相当に節約できる担保を用意する意味は大きい借金を不動産担保ローンを使ってまとめました