不動産担保ローンに申し込みした理由とは

担保を用意する意味は大きい

利息が低いと想像以上に精神的な負担が軽くなって、何より完済まで明確にイメージできたのがよかったです。
完済するにはしっかりと計画を立てることが必要ですが、利息が大きすぎるローンは元金がなかなか減りません。
カードローン時代はそれで相当に苦労した経験があるので、これではダメだと思ったわけです。
不動産担保ローンはノンバンク系から借りましたが、金利の低さにはこだわりました。
複数の会社を比較検討してみて、最も低金利を設定しているところから借りたのです。
不動産担保ローンは個人の信用力以上に、担保価値を精査されることを知っていました。
それゆえ年収はそれほど多くはありませんが、審査に通過する自信はあったのです。
実質年率は交渉により下げてもらうことが可能とありましたが、初めての借入であることもあって相手の言い値になりました。
それでも実質年率7.5%という利率は相当に低いので満足です。
キャッシングやカードローンなどで、初回融資で10%未満の金利が適用されることはほとんどありません。
銀行の多目的ローンでも難しい金利ですから、やはり担保を用意する意味は大きいですね。
返済期間は5年間に設置していましたが、繰り上げ返済を積極的に行ったので4年ほどで完済できました。

不動産担保ローンで借りやすく一本化も出来るところは?・・・・https://t.co/koQ2IyXVve

— キャッシング審査が甘い所はココだ!! (@kin777hama) 2019年7月23日

低金利のローンを利用したい利息を相当に節約できる担保を用意する意味は大きい借金を不動産担保ローンを使ってまとめました